返済をせずに支払督促が届いてしまった場合には

長期に渡って借金の返済をせずにいると、そのうちに支払督促とされる書類が届く場合があります。督促が届く前にはとにかく多くの催促状などが届くために、督促状が届いても催促状と同じように大して気にせずにそのままにしてしまう方もいます。

 

しかし、それは危険です。というのも、支払督促はそれまでの催促状とは異なり、法的に強い力を持つ書類となるためです。受け取ってから一定期間経過時まで何もしないでいると、裁判となってしまって差し押さえなどに発展するケースがあります。

 

差し押さえになっても財産も何もないし関係ないと考える方もいるかもしれませんが、差し押さえの対象は給与にまでおよびます。つまり、毎月の給与の一部を差し押さえによって強制的に徴収されてしまうため、財産がないからと差し押さえもされても良いとは考えるべきではありません。

 

給与の差し押さえとなると当然ながら会社にも借金の返済ができていないことを知られてしまうので、それまでは内緒にしていた借金の存在もばれてしまいます。借金があること自体はそこまで大きな問題とならないとしても、長期に渡って返済ができていないと分かってしまうと会社での信用を下げる原因にもなりかねません。

 

支払督促が届く段階というのはそういった危機的な状況もすぐ目前まで迫っているので、督促状を受け取ったら早めに正しく対処をするようにしてください。何をすれば良いのか分からない場合には借金の支払督促が届いた場合で調べると何をすべきかが分かるので、不安に感じる方は調べた上で弁護士などに相談をすると安心です。