事故被害者は示談を自分で進める前に相談をする

不運にも交通事故の被害者になってしまった方は、自身で保険会社を相手にする示談を進める前に交通事故問題に強い弁護士に相談をした方が良いです。弁護士に示談に関する相談を行うと、今現在の保険会社が提示している示談内容が妥当であるかの判断をしてくれる場合も有るので、損をしない示談が進められるようになります。

 

基本的に保険会社というものは支払う賠償金を少なくしたいと考えているため、素人相手の示談では強気な姿勢で進めてきます。過去の事例を持ち出しても一方的に保険会社が有利になるようなものばかりで、被害者側がしっかりとした賠償金を受け取れるといったスムーズな示談が進むことは稀です。

 

事故の状況や怪我の程度から見ても、本来受け取れるはずだった金額よりも遥かに少ない額での示談交渉となっている場合も少なくないので、交通事故の被害に遭ってしまった方は自身での示談交渉のやり取りはあまりおすすめができないのです。

 

その点で、プロとも言える弁護士に示談の依頼を行うと安心です。弁護士の中でも交通事故案件に強いところであれば、被害者が有利になる条件での示談を進めてくれるようになります。当初の保険会社が提示していた示談内容と比べて、弁護士に依頼をすると数倍や数十倍にも受け取れる賠償金が増える場合があるので、示談は自分一人では進めるべきではないのです。

 

かかる弁護士への費用も最近では相談が無料となっていることで、成功報酬のみとするところも多いです。成功報酬のみであれば賠償額が増えた場合にのみ弁護士費用がかかるだけなので、依頼者である交通事故被害者には損はありません。

 

相談自体も無料で行える弁護士事務所であれば安心して話が聞けるため、事故被害にあってしまって困っている方は、まずは交通事故被害の無料相談を事故問題に強い弁護士の下で進めてください。