悪質な闇金にはしっかりとした対処法が存在している

正規の消費者金融や金融機関ではなく、闇金でお金を借りてしまった場合には問題は大きくなることが多いです。返済ができなくなれば正規の業者では考えられないような取り立てを行ってくることもあり、取り立てや嫌がらせの被害は本人だけでなく家族や会社、または近所の方々にまで及ぶケースすらもあります。

 

取り立てに負けてしまって闇金に言われるがままに支払いをしようとしても、返済が遅れると法外な利息に加えてさらに滅茶苦茶な延滞金を加算されるため、とても払えないような金額になってしまいます。それでも何とかしてお金を集めて支払ったとしても、それで全てが終わるとは限りません。

 

と言うのも、闇金は取り立てを行えばお金が取れるといった所謂「カモ」にできる顧客を探しているため、取り立てに負けてお金を支払ってしまうと闇金側に「取り立てをすればお金を取れる」とマークされてしまいます。そうなると言われたとおりのお金を支払っても完済とはならず、あれこれと理不尽な理由をつけてさらにお金を請求してくるのです。

 

元々の借りたお金は1万円や2万円程度でも、返済が遅れることによって10万円や20万円の請求になることもあるのが悪質な闇金の手口です。関わらないのが一番ですが、もし何かの事情によって利用をしてしまい、取り立てや嫌がらせで困っている方は闇金対応を専門とする弁護士を頼ってみると良いでしょう。

 

安全に闇金問題を解決してくれるようになるので、自分ひとりで抱え込まずに正しい闇金の対処法を弁護士に依頼をして進めてもらうようにしてください。